A first person Alfredian fanfiction written by Yonit Mishor, originally found on Tumblr.

For Lembas, I wrote a short article about the mythical and folkloric backgrounds of J.R.R. Tolkien’s water nymph Goldberry. This weblog contains an English translation.

昔々、日本の海には美しい人魚が住んでいました。その人魚は、藍色の髪と真珠のような肌を持ち、歌うことが得意でした。人魚は、海中の美しい音楽を奏でることで、多くの人々を魅了しました。 ある日、人魚は海岸に近づき、偶然にも若い漁師に出会いました。漁師は、人魚の美しさに驚き、彼女を捕らえようとしました。しかし、人魚はすばやく逃げ出し、漁師が手に入れたのは、彼女の鱗の一枚だけでした。 その鱗を手にした漁師は、不思議な力を感じました。彼は、その鱗を使って、大漁を獲ることができました。しかし、人魚の鱗を手に入れた代償として、彼の漁業は次第に衰えていきました。 ある夜、漁師は再び人魚に出会いました。彼女は漁師に、自分の鱗を返してほしいと懇願しました。漁師は、人魚の美しさと歌声に魅了され、鱗を返すことにしました。 人魚は喜び、漁師にお礼を述べるために、美しい歌を歌いました。その歌声は、海に響き渡り、人々を幸せにしました。以来、漁師たちは、人魚に対して敬意を表し、彼女たちを大切に扱うようになったと言われています。 そして、今もなお、日本の海には美しい人魚が住んでいます。 In a rough translation: The MermaidOnce upon a time, a beautiful mermaid lived in the seas of Japan. The mermaid had indigo hair and pearly skin and was good at singing. The mermaid attracted many people with her beautiful underwater music. One day, the mermaid approached the shore and happened to meet a young fisherman. The fisherman was amazed by the mermaid’s beauty and tried to capture her. However, the mermaid quickly escaped and the fisherman obtained only one of her scales. With the scales in his hands, the fisherman felt a strange power. He was able to use the scales to catch a great catch. However, the price for acquiring the mermaid’s scales was that his fishing business gradually declined. …

人魚 Read more »